荻清隆 心の相談室

西日本心理療法センター 荻清隆(おぎ きよたか)

【住所】〒815-0036 福岡市南区筑紫丘1丁目12-1-519
【問合】TEL/092-561-4711 携帯/080-5249-8554

  • 1930年/久留米生まれ。
  • 1973年/西日本心理療法センターを開設。催眠・内観・交流分析・ゲシュタルトなどの心理療法により、1500以上もの臨床を手掛けている。
  • 1975年/同センター内にオギNT研究所を併設。独自の心理療法を開発する一方、多くの企業での企業内教育や市民講座や講演活動なども行っている。
こころの相談室「荻先生の診療日記」 ご購入のご案内

荻先生の診療日誌

【著者】荻清隆 【頁数】178P 【体裁】B6版
1991年1月~1995年7月まで、「GANSO求人ふくおか」に連載された「荻先生のメンタルヘルス」を再編集した「荻先生の診療日記」を販売しています。 便箋に、住所・氏名・年齢・性別・連絡先を記入の上、1,000円分の切手を同封し下記住所までお送りください。お申し込み郵便到着後数日中に発送致します。

〒810-0023
福岡市中央区警固2-13-21
パインヒル警固3階
(株)アビリティ・キュー内
「荻先生の診療日記」購入希望 係

顔が赤いと気になる方々に

この世には他人の目を気にしすぎて、ひきこもり自分を出せない人が大勢います。

この方々に共通する思いは、極端な自己否定です。人と比較して自分は顔が醜い、スタイルが悪い、不器用だ、うまくしゃべれない、頭が悪いなど、ありとあらゆるものに劣等感を持っています。

特に女性の場合は、顔の美醜と肥満にこだわりが強いようです。そしていったんこのこだわりに取りつかれると、ここから抜け出すには大変な努力が必要となります。

お隣りの韓国では、女性の美に対する意識が強く、若い女性に限らず、中学生から年配の方まで美容整形外科で手術を受けるのが普通になっています。これはなんの努力もしないで人から注目され、自分は良いと思える一番簡単なやり方のためでしょう。

さて、ここからは去年の夏に相談に来た25才の赤面恐怖症のA子さんを例に話を進めましょう。

彼女の小学生の頃の家庭環境を聞いてみると、両親は印刷屋をしていて、彼女が学校から帰って来ても仕事に夢中でまったく相手をしてくれなかったそうです。

そこで彼女は親から褒められたい一心で仕事のお手伝いをしました。ところが母親に「あんたがそこにいると仕事のじゃまになるから外に行っときなさい」と言われて、腹が立って顔を真っ赤にしていると、「あんたはなんで顔を真っ赤にしているの!赤い顔の子供は好かん!」と罵られました。

それ以来、顔色が気になって、人の中にいると緊張してすぐに顔が赤くなるので家に引きこもるようになったとのことでした。以下はカウンセリングの様子です。

私 あなたは何を変えたいのですか?どんな人間になりたいのですか?

A 私は顔が赤いので人から笑われるのではないかと心配でなりません。今日は暑いけれども、帽子をかぶりマスクをしてサングラスをかけてやっとの思いで相談に来ました。私は人の中にいても顔が赤くならないようになりたいです。そしてみんなのように働きたいです。

私 そうですか。それではマスクをちょっとずらして顔の肌を見せてください。

A (恥ずかしそうにマスクを少しずらす)やっぱり赤いでしょう?

私 あなたの顔はそんなに赤いとは思えないですよ。

A 先生は人ごとだからそんなふうに言うんです。人は気づいていても言わないだけで、心の中ではきっと笑っています。

私 顔が醜くて社会にも出ない、ボーイフレンドも見つけないのでは、なんのために生きているかわかりませんね。今の状況は醜形恐怖症と言う病気の考え方なんですよ。

A 確かに私の考え過ぎかもしれません。それは頭では解っていても、どうしてもこだわってしまうのです。

私 もし誰かから「君の顔は赤いね!みっともないねえ!」と言われたら、どうしますか?

A 恐らく何も言わずに、両手で顔をおおって逃げて帰るでしょう。

私 そこが大切ですね。逃げていてはいつまでたっても解決できないですよ。さあ腹式深呼吸をゆっくり3回して、肩の力を抜いてどう答えるか考えましょう。………さあ言ってみてください。

A 顔が赤いなんてあなたがそう思っているだけなんですよ。

私 それはいいですね。他には?

A それはあなたの誤解ですよ。

私 それもいいですね。他にも?

A 私、そんな事気にしていないんです。

私 うん 、それが一番いいですね!あなたは日頃、顔が赤いと言われたらどうしよう?という恐怖があります。だから「どうしよう?」と言う不安を無くすために、「こう答えよう」と心に決めておくことが大切です。そうすれば恐怖は起きません。

* ここで彼女を催眠に導入して、人からあなたの顔が赤いと言われて、その人に「私、そんなこと気にしていないんです。」と答えているロールプレイを繰り返し行いました。……その後で、心に赤面恐怖が起きたら心を他に向けるために、顔を動かさないで、目玉だけを左右に1秒間に2回動かして、それを20回繰り返すように指示しました。このようにして、現在、彼女はある会社のオペレーターとして元気に働いています。

*人は親や先生、上司や好きな人など、注目して欲しい人から無視をされると、悪いことしたり復讐をしたりして注目を集めようとします。それでも無視をされると、あきらめて努力をしなくなります。そしてつぎに、自分は無能である、欠陥があるダメ人間であることを証明しようと、人生の様々な課題から逃避します。これは大人になってからも続きます。例えば、新入社員が上司から指示された仕事を、熱心に頑張っても結果が出せないとき、その上司から何も言われないと、自分は無視されたと思い込み仕事を無意識のうちに失敗したり、ヤル気を無くしたり、病気になったりして、会社を辞めることもあるのです。

西日本心理療法センター
荻 清隆
荻清隆 心の相談室一覧へ
このページのトップへ