荻清隆 心の相談室

西日本心理療法センター 荻清隆(おぎ きよたか)

【住所】〒815-0036 福岡市南区筑紫丘1丁目12-1-519
【問合】TEL/092-561-4711 携帯/080-5249-8554
メールはこちらへ

  • 1930年/久留米生まれ。
  • 1973年/西日本心理療法センターを開設。催眠・内観・交流分析・ゲシュタルトなどの心理療法により、1500以上もの臨床を手掛けている。
  • 1975年/同センター内にオギNT研究所を併設。独自の心理療法を開発する一方、多くの企業での企業内教育や市民講座や講演活動なども行っている。
こころの相談室「荻先生の診療日記」 ご購入のご案内

荻先生の診療日誌

【著者】荻清隆 【頁数】178P 【体裁】B6版
1991年1月~1995年7月まで、「GANSO求人ふくおか」に連載された「荻先生のメンタルヘルス」を再編集した「荻先生の診療日記」を販売しています。 便箋に、住所・氏名・年齢・性別・連絡先を記入の上、1,000円分の切手を同封し下記住所までお送りください。お申し込み郵便到着後数日中に発送致します。

〒810-0023
福岡市中央区警固2-13-21
パインヒル警固3階
(株)アビリティ・キュー内
「荻先生の診療日記」購入希望 係

弱気の虫を追い払う!

私は今、暗い夜道を歩いている。垂直の山肌にへばりつくように どこまでも続いている細い小道を一人ぼっちで歩いている。

下の方は暗くてよくわからないが、何十段もの石が積み上げられていて、まるで古代のインカ道のようだ。

私は介護専門学校の学生だが、何の為にここを歩いているのか?どこに向かっているか?全く分からない。

親が就職に有利だからと勧めてくれたので、 ただ学校に行っているだけで、介護の仕事には全く興味が無い。

子供の頃を振り返ると、いつも仕事をしている親から「あんたは邪魔だからあっちへ行ってなさい!」とか「この能なしがどうしょうもない」などと言われて育って来た。

私は子ども心に、「お母さんは邪魔で能なしの私を何で産んだのか不思議でならない。産んでくれなければ良かったのに‼︎」と何度も思った。

小学校で周りの子ども達が、楽しそうに「昨日はお母さんと一緒に買い物に行って好きな服を買ってもらった。」とか、「公園に行って色々な乗り物に乗って楽しかった。」などの話を聞くと、おとぎ話のように聞こえた。

「私はこれからどうしたらいいですか?先生何とかして下さい。」とA子さんが言った。

私はこれを聞いて、先ずA子さんが心の底で何を求めているかを知りたいと思いました。そこで振り子応答法という技法を用いることにしました。

これは、20センチの細糸の先に直径2センチの真珠の球が下げられていて、質問の言葉を心の中で唱えていると、こころの底にある潜在意識が振り子の球を前後、左右、などに動かして答える方法です。以下はその施行の状況です。

質問
① あなたは幸せになりたいですか? はい(前後)

② あなたは幸せになれると思いますか? いいえ(左右)

③ あなたはお金を沢山持っていたら幸せですか? いいえ(左右)

④ あなたは人から愛される時に幸せを感じますか? はい(前後)

⑤ あなたはこれからやりたい仕事がありますか? いいえ(左右)

⑥ あなたは好きな事がありますか? はい(前後)

⑦ あなたは好きな仕事がありますか? 分かりません(右回り)

⑧ あなたは好きな事を仕事にしたいですか? はい(前後)

以上のような潜在意識を元にカウンセリングと催眠療法を行なっていきます。以下はその様子です。

私 あなたは夢をよく見ますか?

A はい、よく見ます。目が覚めている時でも夢を見ている時があります。

私 それはどんな夢ですか?

A 初めにお話したような寂しい夢です。眠っている時も見ますが、目覚めている時も現実から離れて何だか白昼夢のようです。

私 あなたが幸せになっている夢を見ますか?

A 私が子供の頃、隣りの家が花の栽培の仕事をしていて、そこの伯母さんが、私が独りぼっちでいると、「こっちへおいで、叔母さんの仕事を手伝ってくれる?」と優しく声を掛けられ、手伝うとお菓子をくれたり、お昼になるとおにぎりを一緒に食べたりして、とても嬉しかった。しかし、毎日のように行っていると、母からお前のような何も出来ない子供が行くと隣りの迷惑になるので、行ってはならないと叱られて行かなくなりました。

私 あなたはお花屋さんのアルバイトをしてみては?

A 私に出来るでしょうか?人と話が出来ないし、花の名前も知らないし、花の手入れの仕方も知らないし、花を枯らしてしまいます。

私 あなたは自分に自信が全く無いようですね?それでは催眠療法を用いて自信をつけていきましょう。

先ず目を軽〜くとじてください。そして身体の力をだら〜んと抜いてリラックスして下さい。そして子供の頃の隣りの家のお花畑で、叔母さんのお手伝いをしている様子を思い出して下さい。あなたの周りには赤い花や黄色い花、ピンク色の花など美しい花が咲いています。やわらか〜い花の香りがして来ます。

そうするとあなたは叔母さんの胸に抱かれて、叔母さんの温かい肌の温もりを感じます。そして次第に眠くなって眠り込んでいきます。深〜く、深〜く眠って行く〜。あなたは今、淡い金色の光にふんわりと包み込まれています。あなたは心の扉を大きく開いてその光を身体全体に受け入れます。

そうすると心の底から「私は愛されている。私は愛される価値のある人間だ。多くの人々からも愛されるだろう」という自信が湧いて来ます。さあ、あなたが同年代の男女や年長者、子供達と楽しく話をしている様子が見えて来ますよ。

ここでAさんを催眠から覚まします。

私 今どんな気持ちがしていますか?

A 何だか心も身体も軽〜くなった気分です。そしてアルバイトに行ってみようかなぁと思います。催眠て不思議ですねえ。

* この後、2週間位経って、叔母さんに相談に乗ってもらって、叔母さんの紹介で福岡市内の花屋さんでアルバイトをしています。「介護の専門学校を卒業して花屋さんの仕事をしたいと思っています。」と言った電話があり、1束のお花が贈られてきました。

西日本心理療法センター
荻 清隆
メールはこちらへ
荻清隆 心の相談室一覧へ
このページのトップへ